忍者ブログ

【日記】音声入力のテスト!話すだけでブログが書けるのか?

前から気になっていた音声入力。話すだけでブログ記事の作成が可能なのかをチェックするという企画だよ。

実は今もう既に音声入力でこの記事を書いている。もちろん下書きレベルの話だ。本当は句読点なんてないし、細かな誤変換もある。

でも、割と細い声や意外と小さい声でも認識するみたいだね。

ではここから、また別の実験をしてみる。

音声入力で実際に発音スピードを変えてみたりするとどの程度の精度で認識してくれるのか。

テスト結果はと言うと、それなりの(普通の会話レベルの)速度で入力している今のレベルなら、特に問題はなさそう。

多少の手直しをすれば実用性は十分かも。

さて今のところ問題ないようなので、この調子で音声入力で1分か話し続けたらどれぐらいの文字数が入力できるのかをチェックしたい。実はそれが一番気になってる。

もし仮にこの手軽な入力で1分間に例えば400文字とか550文字とか入力できるようだったら、腱鞘炎になる可能性が一気に低くなる。めちゃくちゃ楽になるよ。ブログの文字入力とかが。これは革命的だ。

しかも、付随的な話だけど、自分の日本語の発音の微妙なところがはっきりと文章になってくるね。視覚的にわかるのは、メタ認知として大きいな。自分の言語使用の癖が見えるのは、なんだか新鮮な気分だ。すごく面白い。
IT

2015年のおすすめ電子書籍はホーンテッド・キャンパス最新刊!

2015年も残すところあと僅かとなりましたが、
せっかくなので今年購入した書籍から特にお気に入りのものを紹介します。

私が今年読んだ中でも屈指の作品が、
『ホーンテッド・キャンパス この子のななつのお祝いに』
という櫛木理宇の作品です。

私は楽天koboで購入しました。

ホーンテッド・キャンパスシリーズは、
恋愛とホラーを両立させた小説として
ここ数年は若者から熱く支持されています。

この最新作では、これまで連作短編だった物語が
シリーズ初の長編形式になっています。

舞台も普段の大学街ではなく、
オカルト研究会の卒業旅行先、
閉鎖的で寂れた村の謎を解く形になります。

オカルト現象の規模も過去最大級ですし、
黒沼部長の親類のはた迷惑な新キャラが登場するなど
サービス満点でした。

そしてヒロインである灘こよみちゃんのデレっぷりも
シリーズ最大と言えそうですw

甘酸っぱい青春オカルト小説が読みたい人には
ぜひぜひおすすめしたいです!

電子書籍なら紙の本よりもずっと安いのもグッドですね。

Amazon利用者ならハピタスに登録しておくべき

世界最大規模のショッピングサイトであるAmazonを利用している人は
数えきれないほど存在していると思います。

そういう人はぜひポイントサイト「ハピタス」にも登録しておくべきです。

なぜそう言えるのか?

その理由は、「ハピタス」が現状唯一の
Amazon利用でポイント還元されるお得なポイントサイトだからです。

いつの間にか多くのサイトがAmazonの利用を
ポイント還元対象から外してしまいました。

しかしハピタスだけは、先日からアマゾン利用に対して
ポイント還元してくれるようになったのです。

貯まったポイントは現金等に交換できるので、
「ポイントを貯めても旨味がない」などということはありません。

Amazonを利用している人には無条件でおすすめできるサイトです。


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





PR