忍者ブログ

貧困の再生産

常々思っているのだが、古いパラダイムにしがみつきたがるのは、

必ずしも社会的な成功体験を持った親たちではなく、

むしろ自分たちが失敗したと感じており、

子どもにそういう思いをしてほしくないと善意で考えている

成功体験を持たない親たちだ。


彼らは巷間に流布している言説を(自分の成功体験がないために)鵜呑みにするが、

巷間に流布した言説なるものは往々にして過度に単純化されているか、

あるいは時代遅れであることに気づいていない。


そんなものを子どもにそれを押し付けても成功するはずがなく、

結局は貧困の再生産が起こるだけなのだ。


善意でやることが大きなお世話どころか、完全に裏目に出ている。

こういうことが起こるのは、実は貧困層が多い。




PR